黒木の部屋へようこそいらっしゃいませ。
ここには、体験を元にしたフィクションの物語を書き綴ります。
登場する人物や場所などの固有名詞は全て架空のものであり、また、使われている画像も全てイメージで、実際のものとは何の関係もありません。
尚、書き進めるうちに過激な表現が含まれるかもしれませんので、予めご了承願います。


※『過去ログ』や『カテゴリー別』の表示にすると、書いた順番にソートされますので、本のページをめくる感覚で読めると思います。

では、お気に入りの物語をお選び下さい。
§1・『カヲリ−前編−』 §1・『カヲリ−後編−』 §2.『かっちゃん−其の一−』 §2.『かっちゃん−其の二−』 §2.『かっちゃん−其の三−』 淡い想いを思い出していただければ嬉しく思います。

2013年10月13日

かっちゃん−194−

次の日の朝、心臓がシャックリするかと思うほど驚いて目が覚めた。
かっちゃんが俺の布団の中にいた!
えっΣ(@◇@;)!!とうちゃんたちは...!?

「ふふふっ(〃´∀`)..目が覚めたぁ?」
「え..あ..あぁ(・∀・;)...お、おはよ...」
「ぜんぜん起きてこないから起こしてこいって(〃´∀`)」
「へ(・∀・;)!?」
よく見たら、かっちゃんはもう着替えていて、誰かに言われて俺を起こしに来た様子だった。

「みんなは?」
「もうとっくに起きてるわよ。けいくんだけだよ!」
バッと布団を引っぺがすと、その勢いでかっちゃんのスカートが一瞬ふわりと舞い上がって昨日見た白地にたくさんのハートが見えた。ドキリとした次の瞬間、ひんやりした空気が冷たかった。
「わっ!さむっ!」
「だったらさっさと着替えるっ!ほらっ!...あ(;・∀・)...」
「あ..あぁ...(〃ω〃)」
朝の生理現象。これで何度目だろう、かっちゃんに見られちゃったのは。
「じゃ..早く着替えて来てよねヾ(;´▽`A``」
それだけ言うと階段を下りていった。
春とはいえ東北の朝は寒い。その寒さを我慢しながら着替えるとみんなのいるリビングへ行った。

「おはようございます(; ̄ω ̄)ゞ」
「お!起きたな!?」
「おう!やっと起きたか!」
「あらおはよう」
「けいたにいちゃん寝坊だぞ!」
「いつまで寝てんのかね!?」
「お姉ちゃんとモーニングキスしたの?」
「な..(//@o@//)するわけないでしょっ!」
...あ。そー言えばしなかったな( ̄~ ̄;).....なんて考えた。

顔を洗って戻ると既に朝食の準備ができていた。
塩鮭に納豆、玉子焼きとウインナー、味噌汁にご飯。典型的な日本の朝ご飯だ。
食べ終わると、とうちゃんたちは髭を剃ったり地図を見たりして、かあちゃんたちは食器を片付けたり残ったご飯をおにぎりにしたりと忙しい。俺は夕べと同じでする事もなく、祐介くんと一緒に朝の子供番組を見ていた。

「ちょっとε=(。・`ω´・。)男たち!何もすることないなら二階に行って布団でも片付けて頂戴っ!」
エプロンをしたかっちゃんに言われると4人の男はしぶしぶと二階へ布団を片付けに向かう。
「こりゃあ、けいくん、尻に敷かれちまいそうだな!?」
「なぁに、こいつはそれくらいじゃないと動かないからな!」
「んなこたぁねぇよ(-""-;)...」

合計8組の布団を敷き布団と掛け布団に分けて仕舞い込む。当然毛布や枕も別々に。シーツや枕カバーは畳んで専用の袋に入れておけば、あとで管理人さんが回収してクリーニングへ出してくれるそうだ。
「二組は出さなくても良かったなぁ...」
「そうだなぁ..ま、いいっていいって!」
聞けばとうちゃんたちは毛布だけ掛けてリビングのソファで寝てたらしい。
おかげで朝までストーブが着けっぱなしだったとかあちゃんたちが呆れていた。

「さあて、ぼちぼち行くかぁ!」
一通り戸締まりを確認して、プロパンガスと水道の元栓を閉めて、車に荷物を積み込んだ。
別荘地の入り口にある管理棟に立ち寄って管理人さんに挨拶をしたら鶴ヶ城に向かう。
「小学校の修学旅行以来だねぇ(〃´∀`)」

相変わらずかっちゃんはウキウキと楽しそうにしていた。


《第百九十五話へつづく》

・第百九十三話はこちらから。

※其の一を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※其の二(第71話から)はこちらからどうぞ。
※其の三(第142話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 04:14| Comment(1) | かっちゃん−其の三− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然失礼します。
アフィリのご難内に伺いました。

知佳は今、小説(Japanese wifeblog 知佳の美貌録「高原ホテル」)を書きながらアフィリ活動しています。
http://maximeroxs.blog.fc2.com/

そして、対象アフィリはアダルト系のDTIです。
http://click.dtiserv2.com/Click/1-22-3551

このアフィリの良いところは誰かを紹介し、その方に売り上げが生じた場合、永遠にボーナスが発生する点です。

しかも、信頼関係を築き、入会していただいたほとんどの方がうれしいことに継続してくれているんです。

少額ではあるんですが、とても助かっています。

知佳はどうしても書いてみたい実話があり、仕方なく長文を書き連ねています。
ですが、
運営方法として別段アダルト系の文を作って掲載のは、必要ありません。

日々の何でもないことをつぶやいていただくだけで結構信頼関係は生まれ、女性も気軽に会員になってくれます。

良かったらで結構です。一度お試しください。

何か運営についてわからないことがあれば連絡ください。
Posted by 知佳 at 2019年05月22日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。