黒木の部屋へようこそいらっしゃいませ。
ここには、体験を元にしたフィクションの物語を書き綴ります。
登場する人物や場所などの固有名詞は全て架空のものであり、また、使われている画像も全てイメージで、実際のものとは何の関係もありません。
尚、書き進めるうちに過激な表現が含まれるかもしれませんので、予めご了承願います。


※『過去ログ』や『カテゴリー別』の表示にすると、書いた順番にソートされますので、本のページをめくる感覚で読めると思います。

では、お気に入りの物語をお選び下さい。
§1・『カヲリ−前編−』 §1・『カヲリ−後編−』 §2.『かっちゃん−其の一−』 §2.『かっちゃん−其の二−』 §2.『かっちゃん−其の三−』 淡い想いを思い出していただければ嬉しく思います。

2013年05月02日

かっちゃん−156−

月曜日はなんとなくソワソワしていた。
明日起こるであろう出来事への期待と不安が入り乱れて、なんとなく楽しみでもあり、後ろめたくもあり...
一日中、人の話は上の空で、授業だって先生が何を言ってんのかまったく耳に入ってこなかった。
かっちゃんもその事を意識しているのか、いつもより友達とはしゃいでいるように見えた。

ところが、火曜日になると、朝から緊張がピークになっていて、ほとんど口を開けずにいた。
かっちゃんなんて朝、俺を起こしに来た時に「よろしくお願いします」なんて言うものだから一気に目が覚めた。
一緒に登校する時もどこを見ていいのかわからなくなっている有様で、かっちゃんを見れば胸や足に目が行ってしまうし、街の中に貼ってある映画のポスターやアイドルの立て看板にさえドキドキする。
かっちゃんも同じ気分だったのだろう。会話は極端に少なくて、しかも噛み合わない。

こんな感じだから午前中なんてあっという間に終わってしまった。
しかし、俺たちのこんな異変にやはりちゃこが気が付いた。

「あんたたち、昨日からずっと変だよね(〃¬_¬)?」
z2k034.jpg「なΣ(@◇@;)Σ(@◇@;)..そ..んなことないっ!」
「ほぉら変だ(〃¬o¬)..」
「べべヾ(´▽`;)ヾ(´▽`;)..べつに変なんかじゃないょ..」
「なんだかずっとゼンマイ仕掛けのおもちゃみたい(〃¬_¬)...」
「気のヾ(´▽`;)ヾ(´▽`;)..せいだって..」
「勝美ぃ(〃¬o¬)..今日の午後、暇?」
「あ〜〜ヾ(´▽`;)今日の午後はダメなのょ」
「なんで(〃¬o¬)?」
「えっとヾ(´▽`;)..ほら..でで..デートするの!けいくんとっ!」
「お..おぅヾ(´▽`;)..そうそう..ちょっと出かけるんだ..」
「どこに(〃¬o¬)?」
「えっとぉ( ̄~ ̄;)( ̄~ ̄;)..特に決めてないけど..」
「ふ〜〜ん(〃¬_¬)..やっぱりなんかあるでしょ?」
「ないないないないないヾ(;´▽`A``ヾ(;´▽`A``」
「べつにい〜〜んだけどさぁ(〃¬o¬)..」
「そっかそっかぁ〜ヾ(´▽`;)ヾ(´▽`;)」
「なんかあったらちゃんと教えてよね( VノェV)」
「な(〃∇〃)..なんにもないって!」
ちゃこはチラリと横目で俺たちを見るとふふふっと笑って教室を出て行った。

「俺たちも帰ろっか(^▽^;)?」
「ぁ..うん(〃ω〃)...」
この“帰ろっか”の一言が、いつもの“帰ろっか”とは違って聞こえた。

帰りの道中もなにを話しているのか話していなかったのか、頭の中はこれからの事で一杯になって並んで歩いているだけでも心臓の音が聞こえてしまいそうな気分だった。
あっという間にかっちゃんちに着いてしまった。

「ほ..本当に良いのか(〃¬_¬)?」
「ぅ..うん(///。//)..気持ちは決まってるから..」
「わかった(〃∇〃)..着替えたらまた来るょ..」
「1時くらいでいぃから(〃ω〃)..」
「わ..わかった(///。//)..じゃ1時に...」

心臓が破裂しそうだっ!!!


《第百五十七話へつづく》

・第百五十五話はこちらから。

※其の一を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※其の二(第71話から)はこちらからどうぞ。
※其の三(第142話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 04:31| Comment(0) | かっちゃん−其の三− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かっちゃん−157−

家に帰ると急いで着替えたものの、1時までにはまだ少し時間があった。
パンツのチェックをしたり、長瀬の本を読み返したりしても、こんな時はとにかく落ち着かない。

あ!そうだ!他の本で読んだことがあるぞ(-""-;)!
入れる直前で出ちまって恥を掻いたとか...( ̄~ ̄;)
い..一回出しちゃってた方が良さそうだな(-""-;)...

徐にパンツを脱ぐと光の速さで右手を動かした。
これで失敗はないだろう...( ̄~ ̄;)
あとは順番をもう一度頭に入れとかないとな...

−−−勝美の部屋・太田勝美−−−

「勝美〜!じゃあお母さん行ってくるから!留守番頼んだわよ!」
「あΣ(@◇@;)!はぁ〜い!いってらっしゃい!」
母親は妹と弟の通う小学校の学習発表に出かけて行った。2年生と6年生は時間が開くので暫くは帰ってこない。父親も組合の寄り合いで夜までいない。

い..いよいよねっ(-""-;)!
されるがまま身を委ね...よね..( ̄~ ̄;)
パンツも美佳と選んだ可愛いのにしたし..(〃ω〃)
布団って敷いといた方が良いのかな( ̄~ ̄;)?
でもそれって“いかにも”って感じだよね〜(^▽^;)...
大丈夫だよね?..大丈夫だょ(-""-;)...

「こんちはっ!」
き..来たっΣ(@◇@;)!
「あ..あがって(^▽^;)!部屋にいるから!」
「おじゃましま〜す」

足音が近づいて部屋の戸が開く。

「あ..はは(^▽^;)..いらっしゃいませ」
「ははは..こ..こんにちは(; ̄ω ̄)ゞ..お邪魔します」
「とりあえず..紅茶でも飲もっか(^▽^;)?」
「う..ん..そぉだね(; ̄ω ̄)ゞ..喉乾いちゃったね..」
カップにティーバッグを入れてお湯を注ぐ間に会話はない。緊張が部屋に充満していた。
「あのさ(^▽^;)..」
「は..はいっΣ(@◇@;)!」
「その(; ̄ω ̄)ゞ..かっちゃん..緊張してるだろ?」
「ど..どぅしてよ(^▽^;)?」
「喋んないし(; ̄ω ̄)ゞ..それに紅茶って言いながらそれコーヒーだし..」
「あ..あれ(^▽^;)?ホントだ..ははっ..」
紅茶を淹れるつもりだったのに、いつの間にかインスタントコーヒーになっていた。
「俺も..すっげぇ緊張してる(-""-;)...心臓が爆発しそうなくらいバクバクしてる...」
「ぁ..(〃´・ω・`〃)...そぉなんだ..」
「ぅん..昨日からすっげぇ緊張してて..ずっとこればっかり考えてた(-""-;)」
「じ..実は私も(。 -´ω`-)σ"..いろいろ本とか調べたりさぁ...」
「俺も..でも肝心な事ってわかんなくて( ̄~ ̄;)...」
「肝心なことって(´・ω・`)?」
「女のって見たことないし(-"-;A..どこに入れるのかなんて図面みたいな絵しか描いてなくて..」
「あ..そっか..(´-ω-`)..」
「でもなんとかなるって思ったヾ(´▽`;)」
「うん(〃´・ω・`〃)..」
「他の大人だってそんなのわかんなかっただろうしヾ(´▽`;)..でもなんとかなってんだし..俺だってかっちゃんが好きなんだし..あれ?なに言ってんだろ..ははは..」
「うん..(〃¬_¬)いぃよ..だいじょぶ...私もずっとドキドキしてる..でもだいじょぶ..」

紅茶と間違えたコーヒーを一口飲んだ。


《第百五十八話へつづく》

・第百五十六話はこちらから。

※其の一を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※其の二(第71話から)はこちらからどうぞ。
※其の三(第142話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 12:30| Comment(0) | かっちゃん−其の三− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

かっちゃん−158−

“ことん”って感じでかっちゃんがもたれ掛かってきた。
“遂に!”って思った。
震える手で小さな肩を引き寄せると、ハッと気が付いたようにかっちゃんは立ち上がって少し赤くなった顔で言う。
「あ..一応..お..お布団敷かなくっちゃ..(〃ω〃)!」
押し入れを開けると布団を出して敷き始めた。
その姿をぼーっと見ながら俺はもう一口コーヒーを飲んだ。
「ぁ..はぃ..へへっ..(〃∇〃)」
お互いに目が宙を泳いでしまう。
「ま..まぁ..コーヒーでも飲んで落ち着こうぜ...」
落ち着いていないのは自分もだ。
この先、どうすればいいのか..?
「これからどうすんのかな(〃∇〃)?」
「はは..さぁ(〃∇〃)...?とりあえず脱ぐ?」
「あぁ..そっか..(〃ω〃)」
長瀬の本には服の脱がせ方まで書いてあったのに、考えていた事と最初から違ってきた。

かっちゃんはくるりと背中を向けるとセーターから脱ぎ始めた。
ドキドキしながらそれを見ていると、顔だけ振り向いて少し意外そうな顔をした。
「けいくんも脱いでよ(-ω-` )!」
「あ..そっか..ごめん(;; ̄ω ̄)ゞ」
「私だけ脱ぐんじゃ恥ずかしいょ..(´-ω-`)」
俺がパンツ1枚になる頃には、かっちゃんも上下下着だけになっていた。
それだけで俺の火山は今にも噴火しそうだ。

z2k013.jpgそんな俺をチラッとだけ見ると小さく“ぁ”と言って、背中を向けたまま“するり”と布団に潜り込んでしまった。
「お..俺も一緒に入っていいかな?」
「...ぃぃょ..」
ついさっきコーヒーを飲んだばかりなのに、もう口の中がカラカラになっていた。
静かにかっちゃんの背中の方から布団に入り込むと直に体温が伝わってくる。
そっと肩に手をかけて自分の方を向かせるとなんだか照れ臭くて目を合わせられない。
視線を下に向けるとまだシャツを着ているものの胸の膨らみがわかる。
「シャツは脱がないの?」
「ぇ..なんだかいきなりブラだけになるのも恥ずかしいし..」
いつもより可愛く見えて唇を重ねた。
シャツを捲ると下からは淡いピンクのブラジャーが出てきた。
視聴覚室で見たものとは少し違って、レースの飾りが大人っぽくて心臓が一瞬だけ倍の動きをしたように感じた。
その上から柔らかさを確かめるようにしていると、捲り上げたシャツが首元に丸まっていてなんだか苦しそうに見えた。
「やっぱりシャツとっちゃおうょ」
「ぅん..」
ゴソゴソと布団の中で器用にシャツを首から抜き取ると、いよいよかっちゃんの上下には小さな布が1枚ずつしかなくなってしまった。
背は低いのにその露わになった曲線は既に大人の女性のようだった。

時々目が合うと思いきり照れ笑いをするしかなくて、それがなんとなく気まずいから首元に顔を埋めるようにしていた。
するとふわりと香ってくる石鹸か、シャンプーの香り。
その香りに夢中になって、ゼンマイ仕掛けのおもちゃのようにずっと胸を同じように触り続けていた。

落ち着け!落ち着け!これからどうするんだっけ!?
必死になって本に書いてあった事を思い出そうとした。


《第百五十九話へつづく》

・第百五十七話はこちらから。

※其の一を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※其の二(第71話から)はこちらからどうぞ。
※其の三(第142話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 17:57| Comment(0) | かっちゃん−其の三− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

かっちゃん−159−

背中に手を回して、胸を覆い隠しているものの繋ぎ目を探した。
しばらくはかっちゃんも背中を浮かせたりしていたけど、なかなかこれが難しい。
摘んだり、引っぱったりしても一向に外れてはくれない。
少し焦ってくると、かっちゃんはそれを感じたのか“ちょっと待って”と言って自分の両手を後に回して一瞬で外してしまった。
“ぽんっ”て感じで浮き上がると片方ずつ丁寧に腕を抜き取った。
すると目の前に張りのある膨らみが二つ解放される。
見ているだけで頭の芯が熱くなってくるようだ。

丁寧に...円を描くように...優しく...

本に書いてあったことを呪文のように頭の中で繰り返す。
片手にちょうど収まるほどの膨らみは弾力があって、押した指が跳ね返されるほどに感じられた。
時折、その先端に触れるとかっちゃんの体がピクリとなる。

感じてるのかな...?
そう思って何度か繰り返すとかっちゃんが笑った。
「ひゃはっ(〃∇〃)..くすぐったいょ..」
「くすぐったいの(・ω・` )?」
「うん(〃ω〃)..なんかくすぐったぃ..」
「そぉ( ̄~ ̄;)...」
これも本とちょっと違うなぁ...
なんだか本に書いてある事ってあてにできないのかも...そんな事を思った。

全身の神経が手に集中していたのかもしれない。
かっちゃんの様子を見る事も、甘い匂いを嗅ぐ事も、音を聞く事も、一切の余裕なんて無くなっていた。
ハッと気が付くと膨らみをずっと捏ねるように触っている自分がいた。

次に進まなくちゃ!
えっと..もじもじしてるかな(-""-;)?
足を見ようとしても布団の中だからよくわからない。
右手を体に沿って下に伸ばしていくと、そのスベスベした感触が余計にドキドキを増幅する。
下着の縁にたどり着くとドキドキは最高潮だ。
かっちゃんも同じなのか、覚悟を決めたように目をギュッと瞑っていた。
その布の上を更に指でなぞっていくと足の間に差し掛かる頃、ギュッと両足を閉じてしまった。
俺は指を足に挟まれたまま小さな声を聞いた。
「ゃ..だ..!」
「...嫌なのか(-""-;)?」
「ぁ..ごめん(〃ω〃)..ヤじゃない..だいじょぶ..」
足の力が弛んで少しだけ開いた。

えっと..“手を包み込むようにした先”だったっけな..?

あらためて右手で足の間の膨らみを包むようにしてからほんの少し下にずらしてみた。
ビクッと両足に力が入るのを感じた。
そこは胸や足や、その部分の少し上の膨らみとは全く違っていた。
布の上からでもはっきりとわかるくらい、ぷにゃぷにゃに柔らかかった。

ここがあれかっΣ(@◇@;)!?
そう思うと俺の動きも止まってしまった。
全身が心臓になったかと思うくらいバクバクとしてクラクラする。
息も荒くなっていた。
指先には熱を感じるほどだ。
かっちゃんの足がまた俺の手を挟み込んだ。
しばらくすると閉じた足がゆっくり力を抜いて少し開いたかと思うと、またしても力が入って閉じてくる。
そんな事を何度か繰り返しているのに気が付いた。
かっちゃんは相変わらずギュッと目を瞑っている。

俺は最後の1枚にゆっくりと指をかけた。


《第百六十話へつづく》

・第百五十八話はこちらから。

※其の一を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※其の二(第71話から)はこちらからどうぞ。
※其の三(第142話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 15:11| Comment(0) | かっちゃん−其の三− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

かっちゃん−160−

息を止めて、縁にかけた指を下に引こうとしたら、抵抗するかのようにかっちゃんの左手が手首を掴んできた。
ドキッとして再び俺は固まってしまった。
「どぅした?」
「.....(///。//)」
「.....(〃ω〃)?」
「いぃ..だいじょぶ(///▽//)..」
そう言うとかっちゃんは掴んだ手首を静かに離した。
ところが、下ろし始めてすぐに腰の辺りで引っ掛かってしまった。
見えない布団の中がどうなっているのかわからずに、しばらく右側を引っぱったり、左側を引っぱったりしていると、どうやらお尻と布団が付いている部分が引っ掛かっているらしかった。
「...ちょっとごめん(〃ω〃)」
上体だけ起こして両手で丁寧に引き抜いた。
淡いピンクの、前の部分がレースで飾られている少し大人っぽい、パンツと言うよりもパンティって言った方が似合う下着だった。
体を起こしていたから、それが太腿まで下がると恥ずかしそうに閉じた両足の付け根の上にうっすらと蝋燭の炎のような形をした黒い毛並みが見えた。
その毛の生え際に“すっ”と一筋の溝があるのがわかった。
小学生の頃、一緒に風呂に入った時に見た以来のそこは、少しふっくらとしているようにも見えた。

「..ぁ..ぁんまり見ないで(///。//)...恥ずかしいょ...」
「ぅ..うん(〃ω〃)..ごめん...」
言いながら太腿に残っていた小さな布を足首からするりと抜き取った。
目の前には正真正銘の大人っぽくなったかっちゃんが、生まれたままの姿でいる。
もう本に書いてあった事を思い出す余裕もなくなっていた。
「..かっちゃん!」
思い切り抱きしめようとしたら“ゴツン!”と頭どうしをぶつけてしまった。
「イタッ(〃∇〃)!」
「あΣ(@◇@;)!ごめん!」
これで少し落ち着いたのかもしれない。
もう一度、本に書いてあった事を思い出す事ができた。

えっと..円を描くように...優しく...いきなり入れてはいけない...だな...
もう一度、足の間に右手を伸ばしていくと、かっちゃんの足に力が入って閉じてしまう。
ぴったりくっついている足の間に手をねじ込むように差し込むと、指の先が“あの”とても柔らかい部分を探り当てた。
その指先を少し揉み込むように曲げると、跳ね返すような弾力の次に“ぷにゅん”って感じでふっくらとした部分が割れて、溝の間に指が挟まる様に沈んだ。
“あっ!”と言う声と同時にかっちゃんの足には更に力が入る。

溝に沿って撫でるように...だよな...
ゆっくりとその部分をトレースするように上下に動かしていると、ぬるぬるしたものが指先を濡らしてくるのがわかった。
「濡れてる(〃ω〃)...」思わず声に出してしまった。
「お..おしっこじゃないからねっΣ(//@◇@///)!」
足がギュウウッと閉じる。
「わかってるょ...」
「じゃあ..そんな事言わないでょ(///。//)..」
「ごめん(〃ω〃)..それより..もうちょっと足の力を抜いてくれる?」
「ぁ..ぅん(〃ω〃)..」
ほんの少し力が抜けると、ずっと指が動かしやすくなった。
本に書いてあったとおり、しばらく円を描くように撫でていると納豆を混ぜている時みたいな“にちゃっ”とした音が微かに聞こえてきた。
かっちゃんはまるで長距離を走った後みたいに“はぁはぁ”と息をしている。
俺も火山が大噴火する予感が高まってきた。

そろそろ...なのかな?


《第百六十一話へつづく》

・第百五十九話はこちらから。

※其の一を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※其の二(第71話から)はこちらからどうぞ。
※其の三(第142話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 04:57| Comment(0) | かっちゃん−其の三− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。