黒木の部屋へようこそいらっしゃいませ。
ここには、体験を元にしたフィクションの物語を書き綴ります。
登場する人物や場所などの固有名詞は全て架空のものであり、また、使われている画像も全てイメージで、実際のものとは何の関係もありません。
尚、書き進めるうちに過激な表現が含まれるかもしれませんので、予めご了承願います。


※『過去ログ』や『カテゴリー別』の表示にすると、書いた順番にソートされますので、本のページをめくる感覚で読めると思います。

では、お気に入りの物語をお選び下さい。
§1・『カヲリ−前編−』 §1・『カヲリ−後編−』 §2.『かっちゃん−其の一−』 §2.『かっちゃん−其の二−』 §2.『かっちゃん−其の三−』 淡い想いを思い出していただければ嬉しく思います。

2013年04月03日

かっちゃん−121−

いきなり入って来られたからかなり驚いて、俺たちは稲妻みたいな速さで離れた。

「なに(*゚∀゚)!?(*゚∀゚)!?」
「ほらっ!これ見てっ( ・`ω´・)!」
そう言うといきなりズボンと一緒にパンツまで下ろして自分のちんちんを俺たちに見せた。
「これ( ・`ω´・)!“ぼうちょん”て言うんだ!」
ちっちゃいなりに“そこ”は上を向いて大きくなっていた。
「棒みたいだから“ぼうちょん”( ・`ω´・)!俺が発見した必殺技なんだぞ!」
「それのどこが必殺技なんだ(;・∀・)?」
「これでおしっこするとすんげぇ遠くまで飛ぶんだっ( ・`ω´・)!みんな逃げてくんだぞ!」
「そりゃあすげ〜な(;・∀・)..」
「ちょっと秀美っ( ;-`д´-)!あんたなにさせてんのよっ!?」
向かいの部屋から秀美ちゃんが笑いながらやって来た。
「なんにもしてないよぉ〜ヾ(´▽`;)!祐介が“面白いの見せてやる”っていきなりしたんだょ〜」
「けいたにいちゃんもやってみろよっ( ・`ω´・)!」
「いゃ..俺はいぃや(^▽^;)..」
「い〜から早くしまっちゃいなさい!ヾ(;´▽`A``ほら!早くっ!」
「ほら祐介(^▽^;)あっち行ってよぉね!」
台風みたいだった...

「“ぼうちょん”って..(^▽^;)ねぇ..」
「もぉやだなぁ〜(-""-;)..あれが弟だと思うと嫌になっちゃうょ..」
「まだあれがど〜ゆ〜事なのかわかってないんだょ(^▽^;)..」
「けいくんも“ぼうちょん”になってるんでしょ(。 -´ω`-)σ"?」
「え..(〃∇〃)..まぁ..そりゃぁ...」
「でもごめん(´-ω-`)..やっぱり今日はダメだょ..」
「うん..わかってる(-ω-` )..ごめん..」
「邪魔も入っちゃうし..やっぱり心の準備ってゆ〜か..(-ω-` )必要だなっ」
「そっか(-ω-` )..」
「美佳が恐くなって山田をはねのけたってなんだかわかる気がした(-ω-` )」
「かっちゃんも恐かった(・ω・` )?」
「恐くなかったけど(-ω-` )..驚いた..でもやっぱり恐かったかも..」
「恐いんだ(・ω・` )..?」
「だって(。 -´ω`-)σ"..けいくんがふがふが言ってるんだもん..」
「い..言ってねぇよっ(*゚∀゚)!」
「言ってたょ(。 -´ω`-)σ"..鼻息がすごかったもんね..」
「すごくなんかねぇって!ヾ(;´▽`A``」
「だけど(〃¬o¬)..ちゃんとけいくんにあげるからねっ!」
「ぇ..ぁ..あぁ..(^-^;)」
「だからけいくんもそれまで待ってるって約束して(〃¬_¬)」
「わ..わかった..(^▽^;)」
「ありがとっ(*^ー^*)!」
「じゃあそろそろ帰ろうかな(; ̄ω ̄)ゞ」
「ん..(〃¬_¬)..今日はいろいろごめんね..ありがと..」
「いゃ(; ̄ω ̄)ゞこっちこそごめん..来週25mのテストだろ?」
「あ..そっか(。・´д`・。)..うん..そぉ」
「がんばれょ(; ̄ω ̄)ゞ..ぜったいに泳げるから!」
「ありがと(〃¬_¬)..」
かっちゃんがスッと近寄ってきてキスをしてくれた。
「やっぱり私はけいくんが好きっ(〃∇〃)」

家に帰ると一目散に自分の部屋に行った。
「なんだこりゃ( ;-`д´-)!?」
まだ勢いが衰えない“ぼうちょん”を取り出すとなにかトロリとしたものが付いていた。
いつも最後に出て来るものとは違う透明なものだった。
かっちゃんにあんな事したからだってなんとなくわかった気がしたが、そのまま頭の中でいろんな事を反芻しながら一種の罪悪感の中に沈んで行くしかなかった。

−−−勝美の部屋・太田勝美−−−

「なんだこりゃ( ;-`д´-)!?」
触ってもいないのに触った時の様になっている自分に気が付いた。
きっとけいくんがあんな事したからだと気付きながら年下の弟妹を風呂に入れる準備をした。

「よしっ!ぜったいにけいくんのお嫁さんになるっε=(。・`ω´・。)!」


《第百二十二話へつづく》

・第百二十話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 23:08| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

かっちゃん−122−

日曜日。
去年と同じように宿題を早めに終わらせようと俺たちは図書館で向かい合わせに座っていた。
なんとなく昨日の事が頭の中に残ってはいたが、お互いに何事もなかったかのようにいつもどおりだったけど、どこかで大人のステップを一緒に一段だけ登った気持ちがしていた。

「さっき山田から電話が来て来週の日曜日にどうだって聞かれたぜ( ̄◇ ̄)b」
「あ〜〜((φ(・Д´・ *)..私はオッケーだょ」
「んじゃそれで決まりだな〜( ̄~ ̄)」
「..あれっ( ̄ω ̄;)!?美佳は大丈夫なのかな!?」
「ん〜〜((φ(・Д´・ *)..大丈夫だから連絡が来たんじゃないのかぁ!?」
「ならい〜んだけどさ( ̄~ ̄;)..」
「なんかあるの(´・ω・`)?」
「ぇ..いゃ〜(^▽^;)..べつに..なんにも...」
「行くとしたらたぶん隣町の市民プールだろ( ̄~ ̄;)?」
「そこが一番近いからね〜(*^ー^*)」
「混んでなきゃい〜けどな(-""-;)」
「え〜〜(。・´д`・。)そりゃ無理でしょ!?夏だょ!プールだょ!?」
「だよなぁ〜〜( ̄~ ̄;)...人混みはあまり好きじゃないな..」
「だけど楽しみだょ(*^ー^*)」
「まぁねφ(−△−;)..」
「美佳の水着が見られるんだょ(〃¬_¬)?」
「だからぁφ(−△−;)..?」
「美佳..胸おっきいょ(〃¬_¬)?」
「べつにぃ〜φ(−△−;)..」
「他にも女の子いっぱいいると思うけどな(〃¬_¬)?」
「い..いなくてもい〜ゃφ(−△−;)..」
「ぁ(〃¬o¬)..今ちょっと考えた!?」
「そ..そんなことねぇよ!ヾ(;´▽`A``」
「ふぅ〜んφ(−o− )..べつに見るくらいい〜んだけどね..」
「そ..そぉなのか(^▽^;)..!?」
「あ..(〃¬_¬)やっぱり見たいんだ!?」
「あ..(^▽^;)..いゃ..べつに..!」
「はい(。-`ω´-)!とりあえず今日の分の国語は終わりましたよっ!」
「あは..はぃ..ありがとぉ(^▽^;)..はは...」
「べつに他の子を見たってい〜んだけどさっ(´-ω-`)..」
z2k032.jpg「へ(;・∀・)!?」
「私も見てょね(´-ω-`)..」
「そりゃ当然でしょφ(−o−;)」
「ホントにぃ(〃¬o¬)?」
「一番見たいに決まってますがなヾ(´▽`;)」
「ホントにそう思ってんのぉ〜(〃¬o¬)?」
「むしろ他の奴らには見せたくないヾ(´▽`;)..俺が独占したいくらいだょ...」
「へへぇ〜(〃´∀`)..けいくんだったらい〜ょ独占しても♪」
「はは...でも公共の場所だからそれは無理なんだけどねヾ(´▽`;)..」
「うーん( ̄~ ̄;)..残念かもね〜」
「ほらっ( ・`ω´・)!今日の分の数学も終わったぜ!」
「ほぉ〜〜(。-`O´-)相変わらず見事ですなぁ〜!」

机の上に広げていたテキストや参考書を片付けようとして筆入れの中身をバラ撒いてしまった。
「あちゃあ〜(ノ◇≦。)!やっちまった!」
しゃがみ込んで拾い始めるとかっちゃんも一緒に拾おうとして机の反対側でしゃがみ込んだ。
その時、またしてもスカートの奥がちらりと見えた。

あ..( ;-`д´-)!また見ちゃったょ...ヤバッ!

「はぃ(*^o^*)!気をつけなさぃよっ!」
「あ..おぅ(; ̄ω ̄)ゞ..すまん..」
「なに(-""-;)!?どしたの!?」
「な..なんでもないょ..(-"-;A」

相変わらず不注意なのか見えるとは思わなかったのか..いずれにしてもちょっと“ラッキー”って思ってしまった♪


《第百二十三話へつづく》

・第百二十一話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 23:11| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

かっちゃん−123−

図書館からの帰り道。
「かっちゃんてさぁ( ̄~ ̄;)..他の男とかには興味ないの?」
「え〜(〃¬o¬)!?どぉしてょ?」
「ん〜( ̄~ ̄;)..俺が他の子を見たりしてると“ふんっ”て顔するから..」
「そりゃするでしょ(-""-;)!」
「だから( ̄~ ̄;)..好きとか嫌いとかじゃなくて見ちゃう事ってないのかなぁ〜って思っただけだょ」
「そりゃまぁ( ̄~ ̄;)..テレビとか雑誌でかっこい〜なぁ〜とか思う事はあるけど...」
「現実ではなぃ(〃¬_¬)?」
「現実では(-""-;)...そりゃたまには...」
「ほ〜らねヽ( ´ー`)ノ..やっぱり誰でもそーゆー事ってあるんだょ」
「だから(〃¬_¬)?」
「俺だって同じなんだからあまり怒んないでくれって事だよヾ(´▽`;)」
「べつに怒ったりしてないけどさ(-""-;)..でも..」
「でも..なに(〃¬o¬)?」
「私は他の人を見たり( ̄~ ̄;)..他の人と話したりしても..一番しっくり来るってゆーか..自然にいられるのはやっぱりけいくんだけなんだょ」
「それは俺だって同じだょ(^▽^;)..一番自分でいられる」
「なんかさぁ〜ヾ(´▽`;)..これは言っちゃいけないんじゃないかとか..ちょっとカッコつけたりする自分がいるんだよねぇ〜」
「あ〜〜Σ(゜ロ゜〃)!それわかるっ!他の子だとちょっとギクシャクするってゆーかさ..!」
「そ〜なのよね〜(〃´∀`)!」
「やっぱりかっちゃんといるのが一番楽なのかな( ´ー`)!?」
「楽ちんってだけで一緒にいるんじゃないでしょ〜ね(〃¬_¬)!?」
「違う違うっヾ(´▽`;)!そーゆー意味じゃなくてっ!」
「私もけいくんといる時が一番気持ちが楽でいられるょ(〃´∀`)!ホッとするってゆ〜か..」
「それもわかるょ(^▽^;)!」
「だからつい気が弛んじゃうんだよね(-""-;)..」
「気が弛む( ̄~ ̄;)...」
「うん(-""-;)..だからうっかりパンツ見せちゃったりさぁ..」
「あ。そーゆー事か( ̄~ ̄;)..」
「そ(〃¬_¬)..さっきも覗いたでしょ?」
「さっきっていつだょ( ;-`д´-)!?」
「ほら..えんぴつ落とした時(〃¬_¬)..?」
「え..あ..あれか(^▽^;)..わかっちゃった!?」
「わかるょ(〃¬o¬)..なんか変だったもん..」
「あ〜..でも覗こうとして見たわけじゃないぞ( ̄~ ̄;)..あれは見えちゃったんだ..」
「ふ〜ん(〃¬_¬)..どっちでもい〜けどさ..そ〜ゆ〜の見て“ぼうちょん”になっちゃうんだ!?」
「なΣ(@◇@;)..なに言ってんだょ!?..それくらいでいちいちなるわけねぇだろっ!?」
「あれ(-""-;)..ならないんだ..?」
「なんねぇよ(-""-;)..そんなんでいちいちなってたら身が持たねぇよ..」
「じゃあど〜ゆ〜時になっちゃうの(〃¬_¬)?」
「知るかょ(-""-;)..!そんなこと聞くなっ!」
「だって知っとかないとまた襲われちゃうかもしれないも〜ん(〃¬o¬)..」
「襲うってなんだょ..(-"-;A」
「だって襲われちゃったもんね(〃¬o¬)」
「違うょっ!あれは(-"-;A..その...あれはだな..」
「ひひっ(*^ー^*)..い〜の!」
「(-""-;)!?」
「あれはけいくんが私に“感じちゃった”って事だからい〜の(´∀`*)!」
「なんだょ(-""-;)..“感じちゃった”って!?」
「雑誌に書いてあったのょ(´∀`*)..好きな子に“女性の部分を感じる”と“ムラムラする”んだって!」
「む..ムラムラ(-"-;A...!?」
「うんっ(〃´∀`)..なにも感じてくれないより嬉しいかなって思ったの♪」
「そ..そぉなのか(-"-;A..!?」
「だって(〃´・ω・`〃)これはけいくんが私を単純に幼馴染みじゃなくて“女”として見てくれてるって事じゃん!?違うの?」
「え..ま..まぁ..そぉだけど..(-"-;A」
「だから嬉しいんだょ(*^ー^*)!」
「かっちゃんさぁ..(-""-;)」
「なに(*^ー^*)?」
「俺だけじゃなくて他の男だってかっちゃんを“そ〜ゆ〜目”で見てる奴がいるかもしれないって自覚しろよ(-""-;)!?」
「他の男ぉ(。・´д`・。)!?」
「そ。男の中には見境なくムラムラする馬鹿だっているんだからなっ(-""-;)!」
「だぁいじょぶっ(*^ー^*)!いつもけいくんが一緒にいるんだからっ!でしょっ!?」
「ん..あぁ..まぁそっか..(^▽^;)..」
「それより心配なのは..(-""-;)!?」
「心配な事があるのか(-""-;)!?」
「うん..ひとつだけ(-""-;)..」
「なに?言ってみな(-""-;)?」

「明日の水泳の検定だょ(-""-;)...」


《第百二十四話へつづく》

・第百二十二話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 04:29| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

かっちゃん−124−

平日はまた部活漬けの毎日が始まる。
昼の休憩が終わる頃、かっちゃんが水泳の補習を受けにやって来た。
水着で首にタオルをかけてこっちをチラッと見て手を振ったからいつもどおり親指を立てた。
ただ髪の毛を全部まとめてキャップの中に入れてるから大抵の女子は頭がモコって膨らんでいる。

「太田さんの水着っていつ見てもいいっすねぇ〜(*´ェ`*)」
「お前は見るなっ(-""-;)!」
「なんつーか..健康美ってゆ〜んですか(*´ェ`*)?」
「森田(-""-;)..こいつ、なんとかしろょ!」
「あ〜〜、無理です(〃¬_¬)..根っからのすけべだから..」
「冨樫さん〜!それが男ってもんじゃないすかっ( ・`ω´・)!」
「でも黒沢って言うだけで実害はありませんから安心してくださいヾ(´▽`;)!」
「お前って安全牌なのか(;・∀・)..?」
「ぃ..いゃ(-""-;)..自分じゃ危険な男のつもりなんすけどね..」
「森田の言うとおり自分の彼女になんにもしないで他の女のケツばっかり見てるようじゃ他の意味で危険だよな( ̄~ ̄;)...」
「んなことないっす...(-"-;A」
プールの方を見ると、グラウンドより一段高いプールサイドにかっちゃんたちが座っているのが見えた。
“がんばれよ”とつぶやいてみた。

練習をしているとプールの方から歓声が上がり始めた。
どうやら検定が始まったようだ。俺もかっちゃんのコーチとしては様子が気になる。

「舞子ぉーーーっ!がんばれぇーーっ!」
根岸舞子かっΣ( ̄◇ ̄;)!
「由〜美ぃ〜っ!!」
東野由美かっΣ( ̄◇ ̄;)!

女子の名前で声援が聞こえる度にサッカー部員の足が止まる。
「こらぁっ(`д´#)!もっと練習に集中しなさいよっ!!」
青木が怒る。

「勝美ぃーーーっ!いけいけぇーーっ!」
おっΣ( ̄◇ ̄;)!かっちゃんの番かっ!?
「きゃあーーーっ!がんばれぇーーーっ!」
おおっΣ( ̄◇ ̄;)!!
「もうちょっとぉーーーっ!きゃああぁーーーっ!」
おおぉおおっΣ(@◇@;)!!!

その歓声の大きさに25mを泳ぎ切ったんだと確信した。
「おらぁっ!サボってねぇで練習すっぞぉーーっヾ(。`Д´。)ノ!」
「冨樫が一番サボってたじゃん(-""-;)..」

z2k069.jpg補習が終わってプールサイドから引き上げていくかっちゃんを見つけて親指を立ててみた。
すると意外にも胸のところで両手でバッテンを作ってしょんぼりしていた。

泳げなかったのかょ( ;-`д´-)!?

気になって仕方なくて練習が終わると誰よりも早く玄関に行った。
すると、かっちゃんと東野が一緒に慰め合っていた。
「よぉ(。・_・。)ノ..ダメだったのか?」
「うん(-ω-` )..2m足りなかった..」
「2m(;・∀・)...!?」
「2m手前で足ついちゃった(-ω-` )...」
「あーーーーっ!くそっ(#`ε´#)!もうちょいだったのになっ!!」
「ホントに勝美はもうチョイだったんだょ(-""-;)..」
「明日また頑張るょ(-ω-` )...」
「くっそぉーーーっ!ヽ(`⌒´メ)ノ悔しいなぁーーーっ!」
「あのさ..けいくん(・ω・` )..」
「なんだょっ( ;-`д´-)!?」
「私より悔しがらないでくれる(・ω・` )..?」
「え..あ(;・∀・)..あれっ?」

そんな事をしていると他の連中も玄関に来た。
「勝美ぃーー(*^o^*)!検定どぉだったぁ?」
「しぃ〜〜( ;-`b´-)!」
「あ(;・∀・)..もしかしてダメだったの?」
「うん(´-ω-`)..」
「由美も(;・∀・)..?」
「うん(´-ω-`)..」
「でもほら..ヾ(;´▽`A``また明日あるんだし..ねっ!」
「うん(´-ω-`)(´-ω-`)..明日また頑張る..」
そこへ山田を迎えに安達がやって来た。
「おーー(*^o^*)!勝美ぃ〜!由美ぃ〜!ちゃんと泳げたぁ?」

「しぃ〜〜( ;-`b´-)!( ;-`b´-)!」


《第百二十五話へつづく》

・第百二十三話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 00:30| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かっちゃん−125−

「あと2mだったなんて残念だねぇ(。・´д`・。)」
「うん(´-ω-`)..泳げると思ったんだけどなぁ..」
「明日はきっと大丈夫だょヾ(´▽`;)!」
「明日はもっと根性出すょ( ̄~ ̄;)..」
「根性かぁ〜(^▽^;)..勝美らしいけどねっ」
「こ..根性じゃ泳げないかな(-""-;)..?」
「ははヾ(´▽`;)..2mくらいなら根性でなんとかなるって!」
「そぉだよねぇ〜( ̄∇ ̄*)ゞ..ははは..」
「それで今日は合格者いたの(^▽^;)?」
「2〜3人かな( ̄~ ̄;)..あ〜そうそう!舞ちゃんって知ってるでしょ?」
「うん(; ̄ω ̄)ゞ..知ってるけど?」
「すごいんだょ( ;-`д´-)!」
「意外と胸がおっきいんでしょ(〃¬o¬)?」
「ま..まぁそれもあるけど(; ̄ω ̄)ゞ..」
「じゃあなにがすごいのょ(〃¬_¬)?」
「息継ぎしないで半分以上進んじゃうんだよ(-""-;)!」
「息継ぎしないのっΣ( ̄◇ ̄;)!?」
「苦手だからって(-""-;)..」
「それで息が続かなくなると足付いちゃってアウト...か( ̄~ ̄;)..」
「うん(-""-;)私と同じみたい..」
「でも半分以上いっちゃうってすごいね(-""-;)!」
「でしょぉ〜( ̄~ ̄;)!..やっぱり吹奏楽で肺活量を鍛えてるからだよね〜?」
「でも息継ぎができないんじゃ25mは難しいんじゃない( ̄~ ̄;)?」
「ねぇ〜(-""-;)..だからちょっとコツを教えてあげた..私もできなかったんだょって」
「ふ〜ん( ̄~ ̄;)..みんな泳げるようになると良いね」
「ちょっとしたコツなんだろぉけどねぇε-(´・`)」
「来週のプールまでにはなんとかなりそう(〃¬_¬)?」
「一応浮き輪持ってく( ̄~ ̄;)..あ!それより美佳は大丈夫なの?」
「ん(^▽^;)?私は取り敢えず泳げるけど?」
「そ〜じゃなくて(〃¬o¬)..アレだょ..そろそろでしょ?」
「あ〜〜(^▽^;)..それなら昨日始まっちゃったからたぶん大丈夫」
「それならい〜んだけど( ̄~ ̄;)..」
「そんなこと言ったら勝美はどぉなのょ(〃¬o¬)?私のあとくらいだったでしょ?」
「ん〜〜( ̄~ ̄;)..たぶんも〜ちょっとあとだから私も大丈夫だと思う」
「じゃあ(^▽^;)オッケーじゃん!」

「冨樫のコーチングも花咲かずってところだな( ̄~ ̄;)..」
「まぁ(-""-;)コーチって言ってもかっちゃんちの風呂で息継ぎを教えた程度だからな。フォームとかまでは教えられなかったし..」
「ところで太田ってどんな水着だょヾ(´▽`;)?」
「え( ̄ω ̄;)?べつにふつーの..ピンクでひらひらが付いてるやつだけど?」
「そっかぁ〜(*´ェ`*)楽しみだぁ〜♪」
「なに言ってんだ( ;-`д´-)!安達の見てればい〜だろ!?」
「それもそぉなんだけどヾ(´▽`;)いろんなの見た方が嬉しいじゃん!」
「それもそぉだな( ̄~ ̄;)..じゃあ安達のってどんなんだょ?」
「さぁ(; ̄ω ̄)ゞ...」
「さぁって..(;・∀・)知らねぇのかよ!?」
「知らない(; ̄ω ̄)ゞ..当日のお楽しみだ..」

前を歩いていたかっちゃんが振り向いた。
「けいくんっ( ・`ω´・)!」
「へ(;・∀・)..?」
「明日根性で泳ぐっε=(。・`ω´・。)!」
「あ..あぁ..(^-^ა)」
「合格したらプールサイドから手を振るからっε=(。・`ω´・。)!」
「わ..わかった(^▽^;)..」
「ちゃんと見ててよねっε=(。・`ω´・。)!」


《第百二十六話へつづく》

・第百二十四話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 21:19| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。