黒木の部屋へようこそいらっしゃいませ。
ここには、体験を元にしたフィクションの物語を書き綴ります。
登場する人物や場所などの固有名詞は全て架空のものであり、また、使われている画像も全てイメージで、実際のものとは何の関係もありません。
尚、書き進めるうちに過激な表現が含まれるかもしれませんので、予めご了承願います。


※『過去ログ』や『カテゴリー別』の表示にすると、書いた順番にソートされますので、本のページをめくる感覚で読めると思います。

では、お気に入りの物語をお選び下さい。
§1・『カヲリ−前編−』 §1・『カヲリ−後編−』 §2.『かっちゃん−其の一−』 §2.『かっちゃん−其の二−』 §2.『かっちゃん−其の三−』 淡い想いを思い出していただければ嬉しく思います。

2013年04月01日

かっちゃん−116−

かっちゃんは上手くおばちゃんから小遣いをもらえたようなので約束どおり、土曜日の午後から一緒に買い物に出かけた。
予定外だったのは、俺は近くの商店街で済ませるつもりだったのに、かっちゃんは安達から教えてもらったとか言って、わざわざ隣町の店まで電車に乗って行くと言いだした事だ。
なんでも地元の店よりたくさん比べられるのだそうだけど、数が多いと時間ばかりかかってしまって飽きちゃうんだよね。

「お〜〜(*^o^*)!ここだ!ここだっ!」
「え...(-""-;)!」
その店は女性の専門店で、店内を見渡しても男なんて俺一人でなんだか居辛い雰囲気だった。
当然、水着だけではなくて普通の洋服も売られているし、一角には下着ばかりのコーナーもある。
店中がなんだかひらひらとしてカラフルで...他のお客さんの視線が気のせいか冷たく感じたりもした。

「ん〜〜(-""-;)..こんなにあるとさすがに迷っちゃうなぁ...」
「いらっしゃいませ〜(*^o^*)♪水着をお探しですかぁ?」
店員が近づいて来ても俺なんて眼中にはない様子だ。
そりゃそぉだ..俺が買うわけじゃないって事は見ただけでわかるのだから。
「今年はこんなのが売れてるんですよぉ(*^o^*)」
「あ〜..ビキニはちょっとぉ〜( ̄~ ̄;)..」
「今時は中学生の子もこれくらいのを着てる子は増えてるんですよぉ(*^o^*)」
「え〜〜( ̄~ ̄;)そぉなんですかぁ...?」
「それか..こちらのタイプとかも流行りですね(*^o^*)」
「これはちょっと大人っぽ過ぎないかな(-""-;)..?」
「い..い〜んじゃないか( ̄~ ̄;)?」
「なにょ(〃¬o¬)..もっとちゃんと見てから言ってょ..」
「もしお気に入りのがあればどうぞ試着してくださいね(*^o^*)」
あっちを見たりこっちを見たり..たまに洋服まで見たりするから今更ながらに買い物に行こうと言った事を後悔してきた。
それでも店の中で一人ポツンとするのだけは嫌だったから、かっちゃんが自由に動き回る後を付いて行くしかなかった。
「ビキニが流行ってるって言ってたじゃん( ̄~ ̄;)..」
「ヤなんだょ(〃¬o¬)..」
「なんで(^▽^;)?かわいくてい〜じゃん」
「そんなの郁恵ちゃんとか奈保子ちゃんとかみたいならい〜んだろぉけどさ(-""-;)私じゃちょっとボリューム不足だょ..」
「そんな事ないってヾ(´▽`;)ひとみちゃんだってそんなにでかくなかったぞ?」
「とにかくワンピースの方が好きなのっ(-""-;)!」
結局1時間半もあれこれと見比べて最終的に赤系とピンクのふたつにしぼったようだ。
赤系のは両脇に黒いラインが入っていてなかなかスポーティな感じがするし、ピンクのは腰の辺りにひらひらのパレオって布を巻き付けるタイプで、これもなかなか可愛らしいと感じて、どっちもかっちゃんには似合いそうだった。
そのふたつを試着すると言ってかっちゃんが試着室に入ると、俺はいよいよ一人でぽつんと待っていなくちゃならなくなってしまった。
店内を見て回る事なんてできないし、試着室の前で待っていても次々に試着しに来るお客さんからは変な目で見られているような気がして居心地が悪かった。

「けいくん(*^o^*)!これどぉかなっ!?」
最初に試着して扉が開くと赤いワンピースを着ていた。
片手を頭の後にやり、もう片方の手を腰に当ててポーズを作るとくるくる回って見せた。
体のラインにピタッとしていて思ったよりも背中がバックリと開いている水着はちょっと大人っぽかった。
それでも両脇の黒いラインが全体を引き締めていて活発なかっちゃんのイメージどおりだ。
「じゃ次ね(*^o^*)!」
そう言うと再び一人でぽつんと待たされる。
この間がとても気まずい...
そんな時に大人のカップルがやって来た。
ホッとした。これで店の中にいる男は俺一人じゃなくなった。
「じゃあ〜ん(*^o^*)!」
ピンクのワンピースは腰に巻かれた布がとても可愛くて、背の低いかっちゃんにはピッタリと似合っている。
「でもこれってちょっと子供っぽくないかな?(; ̄ω ̄)ゞ」
「う〜〜ん(-""-;)..どっちをとるかだな..大人っぽさを出したいならさっきのだと思うし..可愛くいきたいならこっちかな..」
「ん〜〜〜( ̄~ ̄;)..どっちにしょ..?」

「よし決めたっε=(。・`ω´・。)!」


《第百十七話へつづく》

・第百十五話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 18:58| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

かっちゃん−117−

「どっちにしたの?」
「えへへ(*^ー^*)あとのお楽しみっ♪ちょっと待っててね」
そう言うとふたつとも持ったままレジへ並んだ。
俺はまた一人で残されるのが嫌でかっちゃんの隣へ付いて行くと、別の人がちょうど下着を精算していて変な目で見られてしまった。
なんだかこっちが悪い事をしているような気分になったのでかっちゃんに外で待ってるとだけ言って先に店の外へ出た。

z2k019.jpg「お待たせ〜(*^o^*)!」
にこにこしながらかっちゃんが出てくるとホッとした。
「ねぇねぇ(〃´∀`)さっきカップルがいたのわかった?」
「あぁ..大人の人だろ( ̄~ ̄;)?」
「そぅそぅヾ(´▽`;)!あの二人ってさぁ〜...」
「なになに(。-`ω´-)?」
「二人して下着見てたんだょヾ(´▽`;)!い〜なぁ〜!大人って感じで!」
「そ..そっかぁ〜(-""-;)!?俺は絶体に嫌だね!」
「どぉしてょ(〃¬o¬)?..あ!わかったっ!恥ずかしいんでしょ?」
「そ..そんなんじゃねぇけど(-""-;)..あんなとこ男の行く場所じゃねぇよ..!」
「大人なら下着のプレゼントくらい当たり前なんだょ(〃¬_¬)」
「え( ;-`д´-)!?なんでっ!?」
「ばかだなぁ〜(〃¬_¬)..そりゃ好みの合う下着を着けてた方が盛り上がるじゃん」
「盛り上がるっていつだょ( ;-`д´-)?」
「え..( ;-`д´-)!..み..見せる時があるじゃん..」
「べつに普通見せたりしないだろ( ;-`д´-)?」
「恋人どおしならそーゆー事ってあるじゃんヾ(´▽`;)」
「いつだょ( ;-`д´-)!?」
「いつって..(^▽^;)..ほら..あるじゃん..?」
「俺は( ̄~ ̄;)..タオルと間違って渡されたくらいしかないけどな..」
「そんな( ;-`д´-)..私たちはまだそーゆー時が来てないだけだょ..」
「でも俺はあんなところに行けないって(-""-;)!」
「べ..べつにい〜んだけどさっ(-""-;)!」
「そーゆー時って..( ̄~ ̄;)いつだ!?」
「もぉい〜って!ヾ(;´▽`A``」
「そぉ言えばさっきレジのとこでさぁ( ̄~ ̄;)..」
「レジのとこ(〃¬o¬)?」
「うん..かっちゃんの前に支払いしてた人( ̄~ ̄;)..」
「うん..(〃¬_¬)いたね..」
「なんか..大人って感じのパンツ買ってた( ̄~ ̄;)..」
「え( ;-`д´-)!そんなの見てたの!?」
「いゃ..ヾ(;´▽`A``見たくて見たわけじゃないけどさっ!見えちゃったんだょね!」
「どんなのだった(〃¬o¬)?」
「なんか( ̄~ ̄;)..いろいろ..紫のとか..」
「そーゆーのがいいの(〃¬_¬)?」
「よくわかんねぇ(^▽^;)..」
「けいくんが一緒に買いに行ってくれたら考えるょ(〃¬o¬)」
「いゃ..( ̄~ ̄;)べつにどぉでもいぃから..そんなのは一人で買いに行けょ..」
「ちぇ〜(。 -´ω`-)σ"つまんないの..」
「それより(〃¬o¬)どっちのにしたんだょ?」
「へへっ(*^ー^*)それはまだ内緒!」
あの赤い水着は背中が丸見えであまり人に見せたくはなかった。
「教えてくれたってい〜じゃん(〃¬_¬)!」
「それは帰ってからね(*^ー^*)!」
「帰ったら見せてくれんの(〃¬_¬)?」
「い〜よぉ〜(*^ー^*)!ちゃんと着たところを見せてあげるっ!」
「よしっε=(。・`ω´・。)それじゃ帰ろう!すぐに帰ろう!」
「え(-""-;)!?お茶くらい飲んで行こうょ..」
「ぁ..でも俺..あんまり金持ってないぞ(; ̄ω ̄)ゞ」
「だぁいじょ〜ぶヾ(´▽`;)!お母さんがせっかく付き合ってもらうんだからお釣りでお茶くらいご馳走しなさいって!」

それならって事にして俺たちは駅前のデパートにあるパーラーで休憩することにした。


《第百十八話へつづく》

・第百十六話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 18:30| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

かっちゃん−118−

「なんにしょっかな( ;-`д´-)?」
「あ..俺コーヒー(。・ω・。)ノ」
「え( ;-`д´-)それだけ!?」
「うん(。・ω・。)これだけ」
「パフェとかケーキとか食べないの( ;-`д´-)?」
「べつに今食いたくないし( ̄~ ̄;)..」
「私だけだと食べづらいょ〜ヾ(´▽`;)」
「そぉ( ̄~ ̄;)?」
「じゃあ( ̄~ ̄;)..私がフルーツパフェ頼むからけいくんはチョコレートケーキ頼んでょ」
「え( ;-`д´-)..いらないって!」
「いいのっ(。-`ω´-)!私が少し分けてもらうんだから!」
結局、俺までケーキを頼むことにしたんだけど、俺のチョコレートケーキも半分くらいはかっちゃんが食べてしまった。

「おいしかったねぇ〜ヽ( ´ー`)ノ」
「お..おぉ( ̄~ ̄;)..ごっそさん..」

かっちやんが早く水着を着てみたいと言うので、そのままどこに寄ることもなく駅から再び電車に乗って帰る事にした。
かっちゃんの家に着く頃には開店の準備も終わっていて、おばちゃんが番台に座っていた。

「ただいまぁ〜(〃´∀`)!」
「お帰り(*^o^*)!けいくんはお疲れ様だったね!」
「あ(^▽^;)こんちは!」
「勝美(*^o^*)!気に入ったのはあったかい?」
「うんっ(*^o^*)!けいくんと行って良かったょ!」
「おやまぁ(*^o^*)..けいくんの見立てなのかな?」
「いゃ..俺はあんまり(; ̄ω ̄)ゞよくわかんないから...」
「まぁ..(〃´∀`)けいくんの好みかもね〜」
「そりゃあ良かった良かった(*^o^*)..お風呂はど〜する?」
「う〜〜ん( ̄~ ̄;)..お店始まってるからあとでいいゃ..」
「そぉかい(*^o^*)..じゃあ今日は秀美たちと一緒に入んなさい」
「わかった(*^o^*)!じゃあそ〜する!..けいくん!部屋行こっ!」
「ぉ..おぅ..お邪魔します(; ̄ω ̄)ゞ」

部屋に行くと早速着替えるからと、戸の前で待たされた。
向かいの部屋からは妹と弟の声が聞こえる。小学校6年と2年か...
「い〜ょ..入っても..」
かっちゃんに呼ばれて中に入るとピンクの水着を着たかっちゃんがいた。
「あ〜〜..こっちかぁ〜(^▽^;)!」
「なに( ;-`д´-)?赤い方が良かった!?」
「ん?いや(^▽^;)..俺はこっちの方が良い」
「よかったぁ〜(〃´∀`)!なんとなくけいくんはこっちかなって思ったんだ!」
「はは(^▽^;)..よくわかったじゃん..」
「そりゃお嫁さんになるんだから(〃´∀`)!」
「はは(^▽^;)..似合ってるょ」
「へっへぇ〜(*^ー^*)..それにこっちの方が可愛かったし..」
「うん..それもそ〜なんだけど( ̄~ ̄;)..」
「そ〜なんだけど(〃¬o¬)..なに?」
「赤いのってさ..(-""-;)その..背中が開き過ぎてるってゆ〜か..」
「そぉ〜なんだよねぇ〜(〃¬_¬)..あれってなんかお尻の割れ目まで見えちゃいそうだったよね?」
「いゃ..そこまでバックリしてなかったと思うけど(^▽^;)?」
「そっかな( ̄~ ̄;)!?」
「あれはあれでかっちゃんの元気印なイメージには合ってるんだけどね..」
「..だけどね(〃¬_¬)?」
「ぇ..あぁ..ヾ(´▽`;)なんつーか..」
「なぁに(〃¬_¬)?..はっきり言ってょ!」
「ん〜〜(-""-;)..背中がさ..見え過ぎちゃってて..」
「うん(〃¬_¬)...」
「なんだか( ̄~ ̄;)..他の奴らに見せたくないって思ってたんだょ..」
「水着だったら背中くらい見えるけどね(〃¬o¬)..」
「でもあれは見え過ぎだょ(-""-;)!」
「でも嬉しい(〃´∀`)!」
「なにが(-""-;)?」
「他の人に見せたくないなんてさっ(´∀`*)!」
「いゃ..だけど水着だからしょ〜がないって言えばしょ〜がないんだけどさ..ヾ(´▽`;)」
「うぅん..(〃´∀`)けいくんだったら背中もお尻の割れ目も見せてあげるっ!」
「ば..馬鹿..なに言ってんだょ..(-"-;A」
「ぁ..ごめん(〃ω〃)..変なこと言っちゃった..」

「もっとよく考えて喋れょ..(-"-;A」


《第百十九話へつづく》

・第百十七話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 03:43| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かっちゃん−119−

かっちゃんが“見せてあげる”なんて言うものだから変に意識してドキドキしてきた。
ふと部屋の隅に目をやると、さっきまで着ていた服がきちんと畳まれて置いてある。

あ..水着ってことはこの下にはなんにも着てないって事か(;・∀・)!?

ドキドキが加速する。
置いてある服の下にはパンツとかもあるのかな..そりゃあるわけだょな...

「じゃあそろそろ着替えよっかな(*^o^*)」
「え..着替えるんだ(^▽^;)?」
「そりゃそぉだょ(〃¬o¬)いつまでも水着じゃ変だもん」
「それもそっか( ̄~ ̄;)..」
少し残念に思いながらもう一度廊下に出させられて戸に寄り掛かるようにして待っていた。
中でかっちゃんが着替えているんだと思うと妄想が膨らむ。
かすかに音が聞こえてきて、なんとなく振り向いたら戸にほんの数ミリ..本当に僅かな隙間ができていることに気が付いた。
息を飲んだ...ほんの少しだけ...
そんな邪念が大きく膨らんで俺はそれに飲み込まれてしまった。
その僅かな隙間から中を覗くと、隙間が狭すぎて思うような視界が得られない。
それでもかっちゃんが向こうを向いているのは理解できる。
ちょうどブラジャーの肩ひもに腕を通しているところだった。
ほんの一瞬、そんな光景が見えると反射的に“やばい!”と思ってふたたび戸に寄り掛かる。
背中しか見えなかったが妄想と共にズボンの中が膨らむには充分だ。
明るい部屋の中で上下に白い下着だけの幼馴染み。
全体的に小さな女の子だけど、青木や安達が言うとおり腰の辺りはキュッとしていて大人の体つきのようだった。
それを頭の中で何度も反芻していると全身が心臓になったんじゃないかと思うほどバクバクしてくる。

z2k062.jpg

「入ってい〜よぉ〜」
その声にドキッとした。
「ひゃいっ(*゚∀゚)!」
再び中に入るとさっきまでの服を着たかっちゃん。
水着は隅に畳まれていた。
「なに(〃¬_¬)?変な声出しちゃって?」
「え..べつになんでもないょ(-"-;A」
「また変なこと考えてたんじゃないの(〃¬_¬)?」
「そ..そんなことないょ..(-"-;A」
「水泳の補習もこれで受けられたらいいのになっ(´-ω-`)!」
「んなこと言ったって授業の一貫なんだから無理でしょ(^▽^;)」
「わかってるけどさ(・ω・` )..でもそぉだったら華やかになって楽しくない?」
「そんな事になっちゃったら授業どころじゃなくなるょ(^▽^;)」
「どぉしてょ(・ω・` )?」
「目のやり場に困るってゆーか( ̄~ ̄;)..男なんてずっと女子ばっかり見てるような気がする..」
「そんなに見たいかなぁ〜(-""-;)?」
「そりゃまぁそ〜だろぉよ( ̄~ ̄;)」
「けいくんもいろんな子の見ちゃう(。 -´ω`-)σ"?」
「たぶん..見ないと言ったら嘘になると思う( ̄~ ̄;)...」
「そっか..じゃあ学校の水着でいぃや(-""-;)!」
「そぉだょ(^▽^;)..先生も教えづらいと思うぜ」
「でもなんかショックぅ〜(-""-;)!」
「なにが(^▽^;)!?」
「けいくんが他の子の水着見たいって(〃¬_¬)..」
「そりゃ男なんだからしょ〜がねぇだろヾ(;´▽`A``」
「そぉだろ〜けどさ(〃¬o¬)..嘘でもい〜から“見ない”って言ってよね!」
「なんでだょヾ(´▽`;)!?嘘なんてつかなくてもい〜じゃんかょ!?」
「ば〜〜か..(〃¬_¬)..そ〜ゆ〜もんじゃないんだってば!」
かっちゃんがそう言いながらつまらなそうに壁にもたれ掛かると、スカートの裾がふわりと浮いてちらりと中が見えた。


《第百二十話へつづく》

・第百十八話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 15:24| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かっちゃん−120−

「パンツ見えちゃってるぞ(-""-;)!」
かっちゃんはハッとして座っている膝の下から両手を入れてスカートの裾を持ち上げるようにした。
「もぉ〜(-""-;)すぐこ〜ゆ〜とこ見るんだからっ!」
「しょ〜がねぇだろっ(-""-;)!男なんだからっ!」
「あ〜〜ε-(´・`)..男ってなんでこうすけべなんだろ?」
「んなこと言ったって見えれば見ちゃうもんなんだょ(-""-;)」
「見えても見てないふりとかすればい〜のに(〃¬_¬)」
「そんなの(-""-;)..俺だったからい〜けど他の奴だったらどぉすんだょ!?」
「他の人の前じゃ気をつけてるもん( ̄~ ̄;)」
「俺には気を遣わないのかょ(^▽^;)!?」
「そ( ̄~ ̄;)..だってけいくんだもん..」
「だったらそんなに“すけべ”だとか“見るな”とか言うなょ(-""-;)」
「だって..わざわざ“見えてる”って言うんだもん(〃¬o¬)」
「じゃあ次からはなにも言わないで見てるだけにする(-""-;)」
「それもなんかヤだな(〃¬_¬)..」
「だいたいさぁ(。-`ω´-)..いつもは俺だったら見ても構わないみたいなこと言ってるくせに見たら文句言うのっておかしいだろ!?」
「だって見えちゃうのと私が見せるのとじゃ違うもん(〃¬_¬)」
「じゃあ見せてくれよっ(。-`ω´-)!」
「え(;・∀・)..!?」
「自分で見せるならい〜んだろ(。-`ω´-)?」
「ちょ..(;・∀・)そぉだけど..ちょっと待ってょ..」
「なんで(。-`ω´-)!?いつも良いって言ってるじゃん!?」
「そぉだけど(〃¬o¬)..なんか..けいくん変だょ..」
隙間から見えた下着姿とかスカートの下からチラリと見えたところとかがぐるぐる回って気が付いたらかっちゃんを畳の上に押し倒していた。
「きゃっ(〃ω〃)!..ちょ..ちょっと..」
「かっちゃん(〃"o"〃;)!」
服の上からだったけど左手で胸を触ってしまっていた。
「ちょっと(〃ω〃)..ダメだょ..」
「い〜じゃん(〃ω〃)..」
「だって(〃¬o¬)..秀美たちが来ちゃったら..」
「大丈夫だって(〃ω〃)..」
そう言いながらシャツの下に手を滑り込ませた。
「ぁ(〃∇〃)..!」
心臓がバクバクして、かっちゃんのことしか頭の中になくなっていた。
「ャ(。・´д`・。)..だ...」
声を聞いてかっちゃんを見ると泣いていた。
「こんなのヤだ(っω;`。)..違うょ..」
泣かせるつもりなんてなかったから焦った。
「ご..ごめん( ;-`д´-)..俺...」
「いぃ..(ノω≦。)..でもなんかヤだ..こんなの違う..」
どうしていいのかわからなくて俺はそのまま固まっていた。
「けいくんなら..裸見られても(っω;`。)..触られても平気だょ..けいくんだから..でも..それって二人の気持ちが一緒にそうならなきゃだょ..」
「ぅん..ごめん(-""-;)...」
「でも今はけいくんだけがそーゆー気持ちなんだもん(っω;`。)...だから今はヤだ..」
「ぅ..ぅん..そぉだな(-""-;)..ごめん...」
「うぅん..私もごめん(-ω-` )..今度からは他の人だけじゃなくてけいくんの前でも気をつけるようにする..」
「あ..あんまり気をつけすぎてもちょっと寂しい..(; ̄ω ̄)ゞ」

その時、部屋の戸が開いて弟の祐介が飛び込んで来た。

「勝美ねぇちゃん( ・`ω´・)!」


《第百二十一話へつづく》

・第百十九話はこちらから。

※前編を第一話から順番に続けて読むにはこちらからどうぞ。
※後編(第71話から)はこちらからどうぞ。
posted by 黒木 幸作 at 21:33| Comment(0) | かっちゃん−其の二− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。